スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとおもうこと

2010年10月15日 10:44

最初、水深を測るためにウキを調整するんですが、
たまに、ウキが投入点よりだいぶ手前でシモっていて、
あれーおっかしいなって思う時ってないですか。

気づいたときにはもう5~6投ほどしている。
仕掛けをゆっくり回収しても二枚潮になっている様子もない。

寝ウキが安定しないんで、ダンゴが割れたかどうかも判らない。
四苦八苦したあげく、よく判らないまま寝ウキがパタパタしないところまでハワせていく。
結果、海の中の情報が得られなくていたずらに時間が過ぎていく。

感覚的には、ウキの浮力が異常に小さくなっているような、
ウキが壊れて浮力が無くなってるんちゃうかなあ、って感じです。

この状態(潮)がいつまでも続かないだろう。
まあ最初はダンゴ打って寄せてだし、手返しさえズルズルせんかったらいいだろう。
いまさらウキを浮力が大きいヤツに替えたってまた一からやし、面倒だ。

なんて、いつもゆるいことばかりしていますんで、こんな日はダメです。

玉ウキや大きい寝ウキで釣りされている人は、たぶんこんなことにはならないでしょう。
私は水深が6ヒロくらいまででしたら、普段は寝ウキのφ7mm L=13cmでやってます。
別に浮力が小さいウキでもないです。仕掛けのバランス的にはいいあんばいです。

ひょっとしたらですけど、表層の潮は左右で宙層が前後になってるんじゃないかな。
宙層がどうかなっていなければ、こんだけワケ判らんことにならないはずや。

まあ判ったところで、何の対処方法も知りませんが(恥)



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://solamark.blog33.fc2.com/tb.php/107-9fd73ae0
    この記事へのトラックバック



    gogo.gs

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。